Lost Password?

A password will be emailed to you. You will be able to change your password and other profile details once you have logged in.

騒音の新規制ついて


2010年4月1日より
日本国内のマフラー騒音に対する法律が変わりました。

当ブログは、新規制に適応する車両に関しましても、動画の性質上国外の規制に準じた、またはそれ以外の動画をご紹介することもあると思います。
また、新規制制定前に生産されたマフラーが、新規制後の車両で流用されている動画があるかもしれませんので、購入時に販売店へ直接お問い合わせください。

ご存知の方も多いと思いますが、新規制に関する変更箇所は以下の通りになりますので該当する車種にお乗りの方は、注意が必要になります。

まずは、対象となる車両ですが

『2010年4月1日以降に生産された車両が対象』となります。

それ以前に生産された車は、今迄の法規制で対応されます。

見分け方はとても簡単です。

車検証の備考欄に「マフラー加速騒音規制適合車」の記載があれば、新規制が適応されます。

では、新規制で何が変わったのでしょうか。
大きく2つの点が変わりました。

  • 騒音低減機構を容易に除去することができる構造の禁止
  • 加速走行騒音防止性能、消音器認証取得の義務づけ

とくに今回の法規制で大きく変更になるのは音量に対する規制で、『加速中のマフラーの排気音規制』が加わりました。

今までは、停車状態での騒音値(近接排気騒音)をクリアしていれば問題ありませんでしたが、加速中の騒音値を計測する「加速騒音」の規制が加わっています。

では、先に騒音規制の説明をしてみます。

『具体的な騒音数値』

近接排気騒音は今までと変わりありません。

  • リアエンジン以外 96dB以下
  • リアエンジン   100dB以下

2010年4月1日以降に生産された新規制に該当する車両は

加速騒音規制値 82dB以下(ここが重要です!)

に設定されました。

そして、事前認証された製品は認証取得表示を行わなければならず

国産マフラーに関しては『JQRプレート』の装着マフラーが

適合になります。

『海外のメーカーだとどうなるか』

欧州メーカーでは日本国内の道交法が定める排気音量基準よりさらに厳しい音量レベルをクリアすることが条件になっています。

  • 国連欧州経済委員会規制(ECU規制)適合品表示(Eマーク)
  • 欧州連合指令(EU指令)適合品表示(Eマーク)

海外メーカーの場合、上記の『Eマークプレート』がついているものは、今回の新規制でも適応済みマフラーになります。

そして、適応車種のマフラーを購入すると証明書が発行されるので『Eマークプレート』付のマフラーをご購入後は車検書等といっしょに保管してください。(海外メーカーの場合)

ただし、サイレンサー構造に関しては注意しなくてはなりません。

メーカーによっては、2010年4月1日以前にラインナップされた車両に向けて開発され、マイナーチェンジ後も使えるものがカタログリストに残っている場合もあるかもしれません。そのようなマフラーの中には「騒音低減機構を容易に除去することができる構造の禁止」に抵触するマフラーも存在しますので、新規制に対応するサイレンサー構造なのかはメーカー確認が必要なものもあります。

わかりやすく言うと、
新規制後に発表された適合マフラーは、すべて『JQRプレート』が必要です!

「新規制に対応していますか?」と販売店に一言確認を取れば安心でしょう。

少し長くなってしまいましたが、新規制対応マフラーは

  • 『JQRプレート』
  • Eマークプレート

のどちらかが入ったマフラーは規制をクリアしています。

上記以外の車両はインナーサイレンサーを取り付けていても、『JQRプレート』の無いワンオフマフラーを取り付けていても、近接排気騒音値をクリアしていれば保安基準適合ですのでご安心ください。